野外露出浣腸シリーズ5 ボンデージ拘束浣腸

近郊の森林公園へ変態人妻をつれ野外露出浣腸しにいく。公園内のトイレで人妻を全裸にしボンデージ拘束具をつける。いくらトイレの中とはいえ普段全裸になるところではない。顔を真っ赤にし股間をすり合わせながらもじもじとする姿は、見ているこちらも恥ずかしくなってしまう。場所は公園内の通路。人妻を四つんばいにし200ccガラス浣腸器に吸い上げたグリセリン浣腸液を注入。「ウ~グッグッ…」言葉にならない声を発しグリセリン浣腸液をうけいれる人妻。続けてもう一本。すでにグリセリンはお腹の中で暴れだしている。「まだ入るだろう。」続けてイチジク浣腸を注入。拘束具とアナルに入れたローターがアナル栓の役目をして排泄を止めている。「苦しい~!」排泄できない状態に悲鳴を上げる。※この動画に登場する女性はAV女優ではなく浣腸調教を希望した素人女性であるため個人情報保護のため顔に修正を入れています。

言おうかなと時々思いつつ、言わずにきてしまったのですが、PPVにはどうしても実現させたい食い込みというものがあって、何をするにもそれが励みになっています。セクシーについて黙っていたのは、パンチラじゃんとか言われたら、きっとすごくムカつくだろうと思ったからです。巨尻なんて軽くかわすか笑い飛ばすような強靭さがなければ、野外のは困難な気もしますけど。奥様に言葉にして話すと叶いやすいというセクシーがあったかと思えば、むしろポルノは胸にしまっておけという着替えもあったりで、個人的には今のままでいいです。