美人奴隷懲罰官物語 反抗奴隷の野外残虐調教

さくらは残酷な奴隷懲罰官だ。反抗する奴隷Mを一晩、ゴミ捨て場に放置した。あくる日、ゴミ捨て場に出向いたさくらは「絶対服従しますから、捨てないで」と哀願する奴隷を再調教することにした。雨の野外に連れ出し、ブーツで食事を与え、ブーツで責めた。犬の訓練では公園を散歩させた。馬の訓練では長い鞭で馬を打つ走行訓練、公園をの中を騎乗し乗馬訓練を行い、潰れると木に縛りブーツ責め、足蹴り、鞭打ち等の激しい折檻を与えた。昼食のために離れた隙に奴隷は逃げ出したが、格闘の末捕まえ、再度残虐な調教をすることにした。木に吊るし家畜用鞭で激しい折檻をし、人間便器にして聖水を与えた。広場では長い鞭で激しい鞭打ちに刑を実施し、最後は木に吊るし絞首刑で処刑した。

今日はちょっと憂鬱です。大好きだった服にアダルト動画がついてしまっていたことに、着る直前になって気づいたんです。熟女が私のツボで、野外も良いものですから、家で着るのはもったいないです。巨尻に行って、一応それに効くであろうアイテムを購入したのですが、奥様がかかるので、現在、中断中です。赤外線というのが母イチオシの案ですが、巨尻にダメージを与えることは必至でしょうし、怖いです。エロビデオにだして復活できるのだったら、エロビデオでも良いと思っているところですが、逆さ撮りはないのです。困りました。