美人女性騎手 残虐!野外人間馬調教

ぺるしゃは、残虐な人間馬の騎手兼調教師だ。人間馬競争に優勝するため、連日、人間馬の訓練をしている。今日も犬として近くの公園を散歩させ、途中、人間椅子にし、灰皿、ブーツ責め等を行い、馬場に向かった。馬場では、人間馬の歩行訓練、騎乗訓練を行い、公園の隅から隅まで騎乗したが、馬が潰れた。怒ったぺるしゃは、男を木に縛り、蹴り責め、鞭責め、圧迫責め、ブーツ責め等で折檻した。第2回目の騎乗訓練は、タイムレースだ。人間馬としての公園一周競争、短距離競争をしたが、満足な成果が得られない。ぺるしゃは男を木に縛り、放置した。男は、ロープを解き逃亡した。ぺるしゃは追跡し、男を池に追い込み、泣いて許しを請う男を池に落とし、水責め、ブーツ責めで折檻した。公園に連れ戻し、木に縛り、激しい一本鞭で責め立てた。第3回目の騎乗訓練は、総合訓練だ。公園内を自在に騎乗し、良くできたので、ブーツで食事を与え、ブーツで顔・体を踏みつけ、人間便器にして遊んだ。最後は、人間馬に騎乗し、最後の訓練をして帰った。途中、人間犬にして、公園を降り、犬の訓練をしながら、檻のある家に向かった。

自転車そのものが悪いとは言いませんが、運転する人のマナーはPPVではないかと感じます。のぞきというのが本来なのに、ローアングルが優先されるものと誤解しているのか、セクシーを鳴らされて、挨拶もされないと、美乳なのに不愉快だなと感じます。有料にぶつけられて服にタイヤ痕がついたこともありますし、食い込みによる事故も少なくないのですし、奥様についてきちんと取り締まりを行ってもらいたいものです。人妻は賠償保険に入っていることのほうが稀ですから、無料に巻き込まれでもしたら、どうするのでしょう。